G-F6G6BCHMVR

【本の紹介】城の攻防を勉学する書 

日本には城がたくさんあります。

天守までそっくり残っているものや城跡だけのものなど

日本全国にあります。

今回紹介する本はこちらです。

「知れば知るほど面白い 戦国の城 攻めと守り」

本の内容

こちらの本は城について書かれたものですが、

攻め方や守り方が主に書かれています。

城の歴史や魅力などを紹介する本はたくさんありますが、

なかなかこの種類のものは珍しいです。

内容は3部構成となっています。

1部は攻め方、守り方の主な戦法について

2部は城の各設備の機能や役割の紹介

3部は戦国時代の攻城戦についての解説、紹介

1部 攻め方守り方

この章では攻め側、守り側それぞれの戦法、戦略について

紹介と解説があります。

攻め方の戦略は良く解説がありますが、

守り方についてはなかなか資料を見ないので参考になります。

2部 城の各設備、役割

城の構成について書かれています。

各設備の役割や重要性などです。

この部分を読んでおけば城の観光に行ったときに

その城がどのように守るかの理解が深まります。

よりお城観光が楽しくなります。

3部 攻城戦紹介

こちらでは有名な攻城戦について紹介があります。

戦国時代の初期、中期、末期で有名なものをピックアップしているようです。

私も知っていたものでは忍城攻防戦、大坂の陣などがあります。

先人たちの経験を知っておくのは良いことです。

勉強になります。

こんな人におすすめ

・異世界転生した人

・観光で城を訪れるのが好きな人

・武士